Placeholder image

昌朋カフェブログ

薬膳とは

昌朋カフェ
Pocket

漢方茶や薬膳に対して、何かしら特別なものと思われている日本人の方が多いと感じます。「神経に良いものない?」「むくみに良いものない?」「デトックスできるものない?」などと平気で聞かれる方もいらっしゃいますが、そもそもその考え方がすでに「部分的なものの見方」にとらわれています。

普段から自分のやりたいように人生を過ごしているにもかかわらず、漢方茶を飲めば、薬膳を食べれば健康に関して大丈夫だ、などと思われている方は薬膳も漢方茶も摂取する必要はありません。薬膳素材は「魔法の薬」ではありません。漢方茶を飲んでも「デトックス」できません。高麗人蔘を食べたからといって「鉄の身体」になるわけではありません。人の身体はそんな簡単なものではありません。

「普通に食べる」ということがこんなにも難しい世の中だとつくづく思います。

「普通」という言葉を使うとたいがいの方は「そこらにあるもの、一般的な」という印象を受けるようですが、「普通」が一番難しいと私は思っています。

例えば「あなたの好みの男性のタイプは?」と聞かれた場合、あなたはどう答えますか?私は「普通の人」と答えます。すると皆決まった答えを返してきます。「普通の人ってそこらへんにいるじゃん」という具合に。「普通の人」は実は以外に1番少ないんですけどね。支柱推命で命式を見ても、常識的な最低限のルールを守り、ある程度相手の立場に立って物事を考える事ができ、いき過ぎない優しさなど、平均的に物事を考える事が出来る方がはるかに少ないと感じます。命式がある程度整っていても大運の流れで陰陽のバランスが崩れていることも多々あります。

それと同じで考え方に大きな偏りがある方ほど普段の食も偏りが大きく、「ハチミツが体に良いしおいしいからたくさん食べてしまう」と言って毎日ガバガバ食べていたり、「黒糖が花粉症に良いって聞いたから」と言い、事あるごとに黒糖ばかりを食べて飲み物から食事まであらゆるところに使い、「魚が骨粗鬆症に良いから」と言ってご夫婦でキビナゴが好きなようで朝晩毎日食べていたり、そして本人は偏っていることに気づかない日々を過ごしていることが多い。

紙とペンを持って毎日書いてみてください。自分が食べているものを全て。客観的に見れますから。私も書いていた事がありますがかなり参考になります。食事の時間帯なども書いておくと良いですね。客観的に見る為には頭の中で想像するのではなく書き出すことです。例えば拒食症の方は自分の体がガリガリにやせているにもかかわらず、「まだ自分は太っている」と思い込んでいるそうです。自分の体をビデオに撮らせて初めて自分の体をビデオの映像で見て自分の体型を把握したそうです。

韓国でアヒルの鍋を食べた時も鹿の角など様々な薬膳が入っていました。でもそれは特別ではなく、そして誰も特別とは思うことなく、普通の食事として食べていました。中国でもそうですが、知り合いに火鍋をしている方がいますが鍋の中には棗や八角など色々と入っており、とても美味しかったです。他の国を見てもハーブティーや香辛料など、それぞれの国ごとにバランスのとれた食事、飲み物があり、そしてそれは特別ではなく皆がおいしそうに食べ、飲んでいます。私が目指している事は色んな良い部分をとりいれたバランスの良い食です。間違っても偏った食などはすすめていません。前にも言いましたが、世の中に身体に悪い食材はないと思います。野菜や果物、穀物や肉。それらを「バランス良くとりいれた食事」です。玄米が良いと玄米ばかりを食べる、肉が悪い、と肉をまったく食べない、そういった食事を続ける事はみずからの健康を害する行為ではないかと考えています。

酵素が良い、と言って酵素のサプリメントやドリンクを摂取している方など様々ですが、普通の食事をしている限り酵素が足りない事などあるのだろうか?と疑問に思います。野菜が足りない、と野菜ジュースばかりを飲む。はたして人の体はそんなに野菜が必要なのか?もしそんなに必要なら、たぶん私は野菜をさほどとらないので、この食生活を続けていくとこれから先野菜不足で病気になりますかね?それらの事を書いている本を見つけて読んでいますが、その方によると人が生きていく上で普通に食事をしていれば酵素不足になる事はない、と書いておりました。「太るから」と朝は酵素のサプリだけを飲む方もいらっしゃいます。だからダメだろう、と思うのです。普通にパンと果物、ゆで卵にミルクティーやココアなど、それだけでもいいので普通に食べる事ができないのだろうか?そしてそれを食べたくらいじゃ人はそんなに太りませんよ。私は欲深いのでアボカドや少々のナッツをプラスして食べていますが、食べる量自体を減らせば今よりも痩せます。が、特にこれ以上痩せたいとは思っておりませんのでこの量を食べます。

そもそも「デトックス」や「抗酸化」という言葉自体、なんだかおかしいと思っています。身体というものは心身共に健康であれば、内臓は休むことなく動いていますから、健康で動いている、ということは身体全体であります。身体全体が健康であるなら、身体にとって害だと判断された細菌や雑菌は体の中から追い出そうとするのではないでしょうか?

緑茶やハーブティ、紅茶を飲むのと同じように棗茶やクコ茶、人蔘茶を飲んでいるだけです。それを特別に思い毎日ガブガブ飲んだりする方もいます。珈琲でもそうです。1日3杯も5杯もガブガブ飲んでいるから、飲みすぎではないか、というだけです。どんな食材も多量に飲食すれば偏るのは当たり前です。

できれば死ぬまで病気にはなりたくないなぁ、というのが私の切な想いです。その為に普段からどのような養生をすれば良いのかを考え行動しています。

皆さまの生活に合った養生を。