Placeholder image

昌朋カフェブログ

違い

昌朋カフェ
Pocket

漢方薬と薬膳について。

今もなお勘違いされている方がいらっしゃると感じるので書きます。

漢方薬とは「病気になってしまってから」漢方医の診察を受け、処方してもらう「薬」です。それは漢方薬です。

薬膳など漢方茶は、あくまで「病気にならないように」普段から野菜や果物を食べるのと同じように食卓にとりいれて飲食するものです。薬ではありません。

メディアなどでサプリメント感覚で漢方薬を飲むような印象を受けているようで、あくまで薬は病になってしまってからその病を治すために飲む薬です。きちんと漢方医の方に見て頂いて処方して頂くものです。

野菜を買うときに「このピーマンはどんな効能ですか?何に効きますか?」なんて聞いて買いますか?「このキャベツはどこに効きますか?何に効きますか?」などと聞いて買う方はいらっしゃいません。確かに薬膳の本に野菜の帰経などが載っていたり、古くからの言い伝えなどが記載されていますが、それは先人たちが言い伝えてきたことであって、それを参考に食材を選ぶのは良い事ですが、韓国に行っても誰もそんな事は言いません。食材と同じだからです。おじさんもツルニンジンを食べますが、別に効果とか効能など何ひとつ気にしていません。むしろただお酒のあてにコチュジャンにつけて食べているだけです。アヒル鍋を食べても、鹿の角やら色々と入っていますが誰も何も言わず普通に食べています。日本で知り合いが火鍋をしているので食べたことがありますが、八角など色々と入っていましたが特に誰も何も言わず食べていました。

「これがガンに良い」とか「これが血管に良い」などと色々な食材がそのように言われていますが、前に書いた東城さんの本にもあったように健康ブームで西洋医学的な考えが世間的には広がっています。ビタミンCとか、デトックスとか、むくみだとか、私自身もそういった言葉達をまともに受けていましたが、もう一度初心に戻らなければ、と考えを改めました。

「植物の良いところってどこだ?」ということ。植物とサプリメントの違いは?ということ。植物の良いところはピンポイントの成分ではないということです。ビタミンCだけが入っている植物ってありますか?カリウムだけが入っている植物ってありますか?たいがいどんな食材も様々な成分が入っているから緩やかに私達の身体に作用していくのではないでしょうか。よくこの食材とこの食材の食べ合わせが良くない、などと言われたりしますが、なぜ食べ物って一緒に摂りますか?例えば外食した際に白飯だけ食べますか?まぁまずありえませんよね。親子丼を頼めば飯に卵とネギと鳥と、定食で頼めばお漬物と汁物と、という具合に一緒に食べます。もしこの時食べ合わせがよくない食材同士を食べたとしても、様々な食材を一緒に摂ることによりその作用は強くあらわれることはないでしょう。一つの食材を暴飲暴食しない限りは。

五行を考えて下さい。剋すもの、剋されるもの、相生関係、様々です。それと同じで植物一つ一つにある帰経も様々であります。それが動植物の良いところではないでしょうか。

漢方茶や薬膳の素材は普段の養生の為にいただく食材です。だから食材と同じようにまんべんなく偏らないようにしていただくことをおすすめしています。

前にも言ったように身体はつながっています。むくみがあるからと利尿作用があると言われている食材をたくさん飲食すれば良いというものではありません。根本的なものを改善しなければ意味がなく、むくむのは深酒をしているからなのか、きちんと睡眠をとっていないからなのか、暴飲暴食しているからなのか、まずは自身の生活のどこかに何かあるのかを考え改めなければならないと考えます。

結局は薬膳や漢方茶なども西洋的な見方をするから「ここに良い」「あれに良い」とピンポイントで見ている方が大半です。

天災を身体の中にあてはめて考えるとわかりやすいかと思います。水が多すぎると洪水となり土に襲いかかります。土は大量の水をせき止めることができずに水と一緒に流れ出ます。山の中の木は定期的に伐採、間引きしますよね。太陽の光がちゃんと土まで届くようにとか、土に対して木が比例しなければ土の栄養が足りずしっかりとした木が育たない、木が多過ぎることによる災害など理由は様々ですがその為に切らなければなりません。その際金属が必要となります。木が太過すれば金の剋を喜びます。土が弱まれば火の生扶(火は土の母)を喜びます。テレビでこんな事を言っているのを思い出しました。一気に水を大量に摂ると眼圧が上がる、と。本来土は土剋水ですが大量の水が来ると逆になりますから、土、脾胃はその水を処理できずに溢れてしまいます。大量の水が体の中に入ることにより圧が上がるのは納得できます。このように身体はつながっており、それぞれが相剋、相乗関係によって成り立っているのだと理解できます。

前に土王説を言いましたが、昔の古文書にはまったく今とは違う五行の成り立ちや陰陽説を唱えている方もたくさんいらっしゃいます。まぁ考え方は様々ですから物事の見解も人それぞれです。土より心が1番大切だ、とも書かれていたりしますが、私にはどれが良いのか真実か、さっぱりです。ただ自身が経験していくしかないと思っています。私の命式の晩年は若々しく元気に走り回る晩年となっています。ですから自分の考えの赴くまま、素直に流れに逆らうことなく今の食を続けていきたいと考えています。もちろん人は心臓が止まれば死にます。でも1番はじめに食べ物が入る場所は胃です。脾胃が弱ればその栄養を分配することができなくなるのでは、ととても普通に考えています。陰陽の本を読むと物事がどんどん複雑になりますが、基本を忘れなければ見失うことはないと思います。

あなたに合ったお茶を作ります、なんて簡単に言う方もいらっしゃいますが、それは不可能です。人間は小宇宙です。どんなに経験を重ねた漢方医の方でも、その患者の命式の大過不及剋などを見て、今その人にある病気を見て、その人に合う治療方法、もしくは漢方薬の処方をする事は並大抵のことではありません。それを薬膳や漢方茶のカフェで「あなただけのお茶を作ります」と言うのは少しおこがましい事だと感じます。たまに「自分に合うお茶を作ってくれないか」などと言われる方がいらっしゃるようですが、言われるということは、そのようなお茶屋があるということだろうと思います。あなたに合うお茶、、それが出来るのはそれこそ神だけですね。